トップ > 開発・技術資料 > ファイル解析情報 > BD1ファイル解析情報(このページ)

BD1ファイル解析情報

※データの無断転載は固くお断りします。

ファイルフォーマット概要

.bd1ファイルは、XOPSのマップデータを構成するファイルです。
X operations TOOLS ブロックエディタによれば、BD1の正式名称は"Block Data Version 1"です。

基本的には、「ブロック」と呼ばれる6面体と、そのテクスチャ情報が記録されています。

ファイルフォーマット詳細

ファイル構造

ファイル構造は以下の通りです。
ブロック数によってファイル全体のサイズは可変しますが、各要素の順序とデータ長は固定です。データの並び順はリトルエンディアンです。

ファイル構造
[310Byte]
テクスチャパス(31Byte×10枚)
[2Byte]
ブロック数
[316Byte×ブロック数]
個々のブロックデータ
 ・96Byte:頂点座標(xyz×8頂点)
 ・192Byte:テクスチャーUV指定(UV×6面)
 ・24Byte:テクスチャ番号(6面)
 ・4Byte:データ有効化フラグ

テクスチャパス

マップで使用するテクスチャのファイルパスです。bd1ファイルからの相対パスで指定します。
一般的なASCIIで表現され、00(NULL)で終了とみなされます。テクスチャ1枚で31Byte未満の場合は、31Byteまで00(NULL)で埋めます。

ブロック数

マップのブロック数を表します。
本家XOPSの場合ブロック数は最大160個(0xA0)のため、2バイト目は常に0x00になります。

ブロックデータ

ブロックデータの実データを表します。前述のブロック数分、本ブロックデータを定義します。

●頂点座標
ブロック8頂点分の頂点座標を定義します。float型(4Byte)にて「最初にX軸 8座標分、次にY軸 8座標分、最後にZ軸 8座標分」で、計96Byteです。
(x,y,z x,y,z x,y,z ... ではなく、x,x,x,x... y,y,y,y... z,z,z,z... で格納されています。)

8頂点の格納順序は以下の通りです。

▲ブロックの頂点格納順序

●テクスチャーUV指定
テクスチャーのUV座標を6面分指定します。float型(4Byte)を用いて、1面の4隅のU座標を4個×6面、次にV座標を4個×6面、合計192Byteになります。
前述の頂点座標を元に、以下の頂点順序・構成で面を生成します。
 1、[1,0,3,2]
 2、[6,7,4,5]
 3、[5,4,0,1]
 4、[6,5,1,2]
 5、[7,6,2,3]
 6、[4,7,3,0]

●テクスチャ番号
テクスチャ番号をint型の4Byteで6面分指定します。ただしデータの有効範囲は00〜09のため、2〜4バイト目は常に0x00になります。

●データ有効化フラグ
本ブロックデータ(1個分)のデータ有効化フラグを表します。int型(4Byte)で表現され、ゲームとエディタで挙動が異なります。
 本家エディタ:0の場合はエディタ上で表示されず、1以上で表示されます。
 ゲーム本体:データ有効化フラグは無意味です。



Englishこのサイトについてお問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 2014-2021 OpenXOPS Project /[−_−;](みかん). All rights reserved.